「横浜ブルーカーボン事業」で育てた生コンブの収穫体験 【横浜・金沢区】

このイベントは開催・申込を終了しました

「横浜ブルーカーボン事業」で育てた生コンブの収穫体験 【横浜・金沢区】

コンブを計量する参加者

金沢区の八景島沖で育ったコンブの収穫が3月中旬から始まった。里海イニシアティブは2015年から、コンブ計画養殖を開始。コンブが杉林の5倍近くのCO2を海中から吸収することに着目し、横浜ブルーカーボン事業の1つとして脱温暖化に取り組む。

しゃぶしゃぶで試食も!

「例年11月だった種付けは、水温の関係で今回は12月に。期間は短かったが大きく育ってくれた」と代表理事の小笠原伸一さんは話す。3月12日の収穫には、家族連れら10人のボランティアが参加。水揚げされた約450kgのコンブを塩水で洗浄し10kgずつ計って、ビニール袋に詰めた。その後、参加者は獲れたての生コンブをしゃぶしゃぶで試食。片吹在住の参加者は、「北海道育ちだけど、生で食べられるコンブは初めて。根が美味しいね」と話した。

次回は3月25日

全日程で計約6tの収穫を見込む。残りの収穫日は25(水)で、時間は午前8時から午後1時を予定。小学生以上対象で定員10人。参加希望者は日時、氏名、連絡先を明記し【メール】toyolin.s1040@i.softbank.jp(佐藤さん)に、実施日の3日前までに申し込みを。

開催日

2020年3月25日(水)

午前8時から午後1時を予定

住所

神奈川県横浜市金沢区海の公園9 金沢漁港

シーサイドライン野島公園駅徒歩5分

問い合わせ

里海イニシアティブ

メールアドレス

toyolin.s1040@i.softbank.jp

備考

小学生以上対象で定員10人。参加希望者は日時、氏名、連絡先を明記し、実施日の3日前までに上記メールアドレス(佐藤さん)へ申し込みを。

関連記事