交流カフェ「ルワンダで義足を作り続けて・・・。最大の危機に直面中」

交流カフェ「ルワンダで義足を作り続けて・・・。最大の危機に直面中」

1996年、アフリカのルワンダに障害者支援NGO「ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト」を設立。
茅ヶ崎出身のルダシングワ真美さんは、夫のガテラさんとともに、ルワンダに住む障害者に対し、ルワンダ政府から土地を譲り受け、無償で義肢装具や杖、車椅子を提供。これまでに、のべ9000人を超える人たちに提供しました。
「自分たちで稼げるようにならなければ“自立”にならない」と義肢製作所や職業訓練校を創り技術習得などの就労支援に繋がる支援も始め、活動資金を生み出すためにレストランやゲストハウスも運営していました。
しかし、度重なる洪水により、土地が危険とルワンダ政府が判断を下したようで、今年2月、強制撤去が入り、建物を壊され、退去を強いられ、今 最大の危機に直面しています。
今までの取り組みの報告はもちろん、ワンラブの復活について、私たちにできることを参加者みんなで考えたいと思います。

開催日

2020年5月15日(金)

19:00~21:00

住所

神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎3-2-7

ちがさき市民活動サポートセンター

費用

300円(飲み物付)

問い合わせ

ちがさき市民活動サポートセンター

電話

0467-88-7546

0467-88-7546

メールアドレス

s-center@pluto.plala.or.jp

備考

ちがさき市民活動サポートセンター

ホームページ

https://sapocen.net/

関連記事

注目