2020年「南まつり」7月18日決定!猛暑を考慮し1日短縮 【横浜・蒔田公園】

2020年「南まつり」7月18日決定!猛暑を考慮し1日短縮 【横浜・蒔田公園】

会場を彩る絵どうろう(過去の様子)

南区4大まつりの一つ「南まつり」が7月18日に開催されることが決まった。

これまで、南まつりは通常、蒔田公園で7月の最終土、日曜日に2日間行われてきた。しかし、今年は7月24日に東京五輪が開幕することから、時期を1週間前倒しした。近年の南まつりは猛暑の中で開催され、体調不良を訴える人が多く出ていたことから、開催時間を短縮したり、休憩用テントを多く設けるなどの対策を講じてきた。また、台風の影響で18年は2日間とも、19年は土曜日を中止にし、日曜日のみの開催となった。それらを踏まえ、今年は土曜日のみの開催とし、中止に備え、日曜日を予備日とした。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月5日の「南区桜まつり」は中止が決定。毎年、桜まつりや南まつりに出店しているある団体の代表者は「南まつりは予定通りに行われてほしい」と話していた。

開催日

2020年7月18日(土)

※中止に備え、19日(日)が予備日

住所

神奈川県横浜市南区 蒔田公園

関連記事