<5月30日より開館>来館者を元気づけたい 八王子高尾のトリックアート美術館

シェアする
トリックアート美術館の小阪館長

〈お知らせ〉

コロナウィルスによる緊急事態宣言解除により、5月30日より開館となります。但し、当分の間、閉館時間を18時また、木曜日が休館日となります。最新の情報詳細はHPへ。(※5月25日更新)

24年間 臨休ほぼなし

 新型コロナウイルス感染への警戒が続く中、開放感を求めて高尾山を目指す人も少なくない。高尾山口駅近くにある「高尾山トリックアート美術館」(高尾町)にも連日、親子連れや中高生が多数訪れています。

 「遠くからの人も多い。せっかく来てくれた人をがっかりさせたくはない」。小阪弘館長のそんな思いで、施設はオープン当時から24年間、不定休の休館日以外は「よほどのことがない限り」営業を継続してきました。

 過去に臨時休館したのは「従業員が出社できない」という理由で昨年、台風19号が直撃した当日くらい。翌日には営業を再開し、想定以上の来場があったといいます。「ありがたいですね。高尾山の目の前にありますから。開館することで、高尾山全体が『元気』だというイメージにつながればと思って開けました」

コロナ禍も連日

 今回のコロナ禍に対しても連日営業を続けている。「謎解き(昨年12月開始のゲーム)をしている様子などを見ると、本当に楽しんでいただけているようです。ウイルスに対し楽観視しているわけではありません。状況によっては休館も考えざるを得ないでしょう。それでも訪れてくれた方が楽しむことで少しでも元気になってもらえればと願っています」

住所

東京都八王子市高尾町1786

京王高尾線「高尾山口駅前」徒歩1分

費用

大人:1330円、中高生:1020円、小学校:720円、幼児(未就学児、4歳以上):510円

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-05-27

関連タグ