【横浜・中区】京急高架下ではしご酒 「日ノ出町フードホール」開業

【横浜・中区】京急高架下ではしご酒 「日ノ出町フードホール」開業

赤いラインが印象的な施設外観(上)オープン初日、カウンターで飲食を買い求める来店者たち(下)

京浜急行電鉄(株)が3月26日、京急日ノ出町駅から黄金町駅間の高架下スペースに、飲食施設「日ノ出町フードホール」をオープンした。

市内人気店の系列初出店などを中心に4店舗がテナントとして入ったほか、今秋にはクラフトジンの蒸溜所もオープン予定。各店舗のカウンターで好きなメニューを選び、共有の飲食スペースで食べるスタイル。場所を変えずはしご酒を気軽に楽しめるのが特徴だ。フードコートと同様、商品の受け取りや食器の返却なども自分で行う。

エリアの魅力向上に

京急はこれまでにも日ノ出町・黄金町エリアにおいて住民や行政などと連携し、2008年からアートスタジオ、18年に宿泊やカフェ機能を備えた複合施設をオープンするなど、高架下スペースを活用したまちづくりを推進してきた。同社では「野毛から日ノ出町にくるきっかけや、まちの魅力アップにつながれば」と話している。

営業時間は午後5時から11時まで。火曜定休。

開催日

営業時間は午後5時から11時まで。火曜定休。

住所

神奈川県横浜市中区日ノ出町1丁目53番先 駅自転車駐車場付近

京急日ノ出町駅から黄金町駅間の高架下スペース

関連記事

注目