寒川町コミュニティバス「もくせい号」バス停がリニューアル!ペーパークラフトも

寒川町コミュニティバス「もくせい号」バス停がリニューアル!ペーパークラフトも

アートバス停

寒川町コミュニティバス「もくせい号」のバス停が、2020年春リニューアルした。従来の薄いバス停板より重厚になり、路線ごとに色も変えてある。

一部バス停の裏面には町民から寄せられた写真やアート作品を、町域の形に切り抜いた「まちびとあーと」を展示。バス停をコミュニケーションのきっかけにし、さらにセンスアップも図ろうと町が発案した。

アートバス停にペーパークラフト

寒川町コミュニティバス「もくせい号」バス停がリニューアル!ペーパークラフトも

町ホームページでは、もくせい号のペーパークラフトも公開し始めた。町都市計画課の職員が「バスに親しんでほしい」とイラスト作成ソフトで製作した。ファイルをカラー印刷して厚紙に貼り、カットして組み立てると、手のりサイズが完成する。

実物は2年前に導入された「日野ポンチョ」と呼ばれる車体で、カラーは寒川のブランド色のブラウン。同ページでは印刷して楽しめる塗り絵データも公開中。

寒川町コミュニティバス「もくせい号」バス停がリニューアル!ペーパークラフトも

GW2020ステイホーム特集へ

関連記事

注目