【横浜市港北区箕輪町】うさぎが誘う四季の庭「ミニ・ギャラリーコジマ」で癒しのひとときを

(PR)
シェアする
【横浜市港北区箕輪町】うさぎが誘う四季の庭「ミニ・ギャラリーコジマ」で癒しのひとときを

ミニギャラリー&オープンガーデン「Mini Gallary Kojima(ミニ・ギャラリーコジマ)」は横浜市港北区箕輪町、静かな住宅街の一角にあります。小嶋良一さん・陽子さんご夫妻が、整備した自宅の庭とギャラリーを無料で開放しています。

季節の巡りを感じられる花や木、芸術作品が一番のこだわり。最近はリピーターも増え、地域の人を中心に癒しと交流の場になっています。今回はそんな「ミニ・ギャラリーコジマ」にお邪魔して、その魅力を教えてもらいました。

「遊」の庭

敷地に入るとすぐに見えるのが、おしゃれな薔薇のアーチ。その奥に広がるのは、かわいらしい洋風のお庭です。アーチから続く石畳の両脇を色とりどりの花が飾ります。

テーマは「遊」。子どもたちや犬が元気に駆け回り、自然と触れ合って遊べる庭です。アーチの隣にはテーブルとイスのガーデンセット。「親御さんが子どもを見守りながらお話ししたりね」と陽子さん。

良一さんの作品がフォトスポットに

庭の中央に1枚の絵が飾られています。バンクシーの「風船と少女」です。ここは、こどもたちのフォトスポット。そばの木に赤いハートの風船がくくり付けられていて、絵の少女と同じポーズで写真を撮ることができます。

実はこの絵、良一さんが制作したジグソーパズル作品なんだそう。今は「少女と風船」ですが、パズル作品はほかにもたくさん。定期的に入れ替えているので、次は何が飾られるのか、どんなポーズで写真を撮れるのか、わくわくしますね。

小さな家庭菜園

石畳をよく見ると、小さな足跡が点々と続いています。追いかけると……

ロッキングチェアにたどり着きました!塀にはおいしそうにニンジンをほおばるうさぎたちが。足跡は、この子たちのものだったのですね。

今は休耕期間ですが、暖かくなってくるとロッキングチェアが家庭菜園に早変わり。春から秋まで、はつか大根やジャガイモなどが栽培されています。収穫時季になると子どもたちを集めて収穫会を開きます。

ミニ・ギャラリーコジマ

さて、石畳を跳ねるうさぎたちをさらに追っていくと……

 

たどり着いた先には、「ミニ・ギャラリーコジマ」と書かれた看板が。どうやら、ギャラリーまで案内してくれたようです。

四季折々の作品を無料展示

ギャラリーでは、作家たちの作品を無料で展示しています。絵画や工芸品など、地域の人たちの作品がずらり。馴染み深い景色が並ぶ水彩画の数々は、日吉在住の伊藤淳二さんの作品です。明るすぎない照明とふかふかのソファが落ち着きを与える、癒しの空間です。

 

ギャラリー内の展示作品は、春は桜、夏は海、秋は紅葉、冬はクリスマスというように、約2カ月を目途に季節や行事によって変わっていきます。現在のテーマは「お正月」。子どもたちの力強い書初めや、繊細な十二支の竹細工などが目をひきます。

現在、展示している作家は12、3人ほど。「もっとたくさんの方に展示してもらって、いつ遊びに来ても飽きさせないギャラリーにしたい」と陽子さんは話します。誰でも、どんな作品でも展示可能。趣味で作ったものを誰かに見てほしい。そんな人は「ミニ・ギャラリーコジマ」に展示して、地域の癒しと交流に一役買うのもいいのでは。

「悠」の庭

ギャラリーを出て、来た道を戻ります。「遊」の庭の向かいにもう一つ、こちらは飛び石や石灯篭のある、日本庭園風の庭です。

テーマは「悠」。ゆったりと眺める、少し大人なお庭です。松やススキ、桜などが立ち並び、落ち着いた雰囲気。桜は一本一本開花時期が異なり、春先になると端から順番に咲いていくのだとか。一方で、実はハイビスカスやシルバーリーフなど、毛色の違うものも混じっています。

樹木と草花、和と洋が絶妙なバランスで調和した庭には、ファンもたくさんいます。

イベント

魅力がいっぱいのミニ・ギャラリーコジマでは、様々なイベントも開催されています。

2月21日㈫午後1時からは、竹細工の〝お教室″。先着5人。ギャラリーにも作品を展示している中野さんが、竹とんぼなど竹細工の作り方をレクチャーします。

3月16日㈯は切り込み紙細工の‶お教室″。午後1時からと午後3時からの2回開催します。

4月19日㈮、20日㈯、21日㈰には港北オープンガーデンに合わせて、能登半島沖地震震災チャリティーガレージセールも行われます。

ほかにもスタッフと一緒に楽しい催しを準備中。詳しくはギャラリーに問い合わせを。

どうですか?「来た人に楽しんでほしい」という小嶋さんの工夫が凝らされた「ミニ・ギャラリーコジマ」。四季折々の花や木、芸術作品が日々に癒しを与える、子どもも大人も楽しめる素敵な空間です。

  • 開放日:毎週月・水・土・日
  • 開放時間:午前7時~午後3時
  • 場所:日吉駅から徒歩12分 お米屋さん(角屋商事㈱)の奥

「観覧も作品展示も大歓迎。ペットOKなので、朝の散歩の途中にでもふらっと寄ってみて」

住所

神奈川県横浜市港北区箕輪町3-16-24

問い合わせ

小嶋陽子さん

電話

090-2403-6055

090-2403-6055

公開日:2023-11-27

関連タグ