水辺彩る季節の草木で癒される・・・ 横浜市金沢区の釜利谷町小川アメニティで

水辺彩る季節の草木で癒される・・・ 横浜市金沢区の釜利谷町小川アメニティで

小林正一さん(右)と小林利男会長

金沢区の釜利谷町小川アメニティ沿いには、季節の花が咲く親水性あふれるプロムナードが続く。手入れをするのは、5年ほど前に発足した水辺愛護会だ。会員がそれぞれ分担し、草花を植えたり清掃したりしている。「会員ではない方もごみを拾ってくださっている。川辺をきれいにして憩いの場にしようという気持ちは同じなんです」と同愛護会の小林利男会長(69)。地元住民だけでなく、金沢八景や東朝比奈などからも足を延ばし、散歩する人もいるという。

会員の一人でアメニティ沿いに住む小林正一さん(74)は、10年以上前から毎日のように草花の世話をする。「最初は彼岸花で、家の周辺だけだった」。今ではかなり広範囲にわたって水辺沿いに季節の草花を植え、小道に彩りを与えている。「理想は四季を通して花が咲いていること。みんなが見てくれて喜んでいただければ」と笑顔をみせた。

住所

神奈川県横浜市金沢区釜利谷町 小川アメニティ

問い合わせ

水辺愛護会

関連記事

注目