<国内最大級の飛来地>大磯町の鳥「アオバト」2020年も海水求め照ヶ崎海岸へ

シェアする
照ヶ崎に飛来したアオバト(5月15日・木原秀雄さん撮影)

 大磯の町の鳥に指定されているアオバトが、2020年も4月下旬から照ヶ崎海岸に飛来している。

 毎年5月から11月にかけて丹沢山地から照ヶ崎海岸に集団で飛来し、岩場の潮だまりで海水を飲む姿が見られるアオバト。繁殖期の栄養分や水分の吸収に必要なナトリウムを海水から摂取するためとされ、照ヶ崎は国内最大級のアオバト飛来地として知られる。地元の野鳥観察グループ「こまたん」によれば、今年初めて飛来した姿が確認されたのは4月27日で、1990年からの統計でみると平年並み。今後、気温の上昇に合わせて飛来数が増加するという。

アオバト観察会は6月末まで休止

 こまたんでは毎年アオバトの飛来シーズンに観察会を開催しているが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため6月末まで休止している。同グループでは「新型コロナの影響で不自由な思いをされている人も多いと思うが、アオバトたちは粛々と変わらぬ営みを続け、飛来している。落ち着いたらぜひ会いに来て、その際には今、隣人を思いやっているようにアオバトを驚かさないよう、やさしい気持ちを忘れずにお願いします」と話している。

住所

神奈川県中郡大磯町大磯 照ヶ崎海岸

問い合わせ

野鳥観察グループ「こまたん」

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-05-25

関連タグ