神奈川県発明協会 恒例の創意くふう展覧会、2020年も11月に開催

神奈川県発明協会 恒例の創意くふう展覧会、2020年も11月に開催

2020年『 第79回神奈川県青少年創意くふう展覧会 』ポスター

発明の奨励や、知的財産権制度の普及啓発活動を行っている神奈川県発明協会は、2020年も「神奈川県青少年創意くふう展覧会」を11月20日(金)から22日(日)まで、神奈川中小企業センターで行われます。

79回目を迎える展覧会。県内の小中学生が発明したアイデア作品が集められ、優秀な作品には、神奈川県知事賞、教育長賞、日本弁理士会会長奨励賞などが贈られる予定です。

2019年の神奈川県知事賞

2019年、県知事賞を受賞したのは小学生1人、中学生2人の計3人。

「松ぼっくりの湿度計」

茅ヶ崎市立松浪小学校5年生の作品です。湿度に応じて、松ぼっくりのカサの角度が変わる性質を利用し、まつぼっくりがデジタル機器に負けない湿度計に。

「ベスト型三角巾」

茅ヶ崎市立円蔵中学校の2年生が作りました。傷病者が三角巾で腕を吊る際、首一点に重さが集中し痛くなることを改善できないかと、重さが分散されるベスト型の三角巾を製作。左右の腕、どちらでも吊るせるのがポイント。

「かってに戻ります。」

山型に干すことのできる足ふきマット「かってに戻ります。」。干し忘れを防ぐだけでなく、山型にしたマットはバネの力を利用し、勝手に戻る仕組みです。葉山町立葉山中学校3年生の作品です。

受賞作品の中から、さらに「これは!」というものについては、全国展に推薦されるケースも。過去には、文部科学大臣賞を受賞したこともあるそうです。今年、どんな作品が登場するのか、今から楽しみです。

会場は神奈川中小企業センター 14階多目的ホール。

神奈川県創意くふう展覧会受賞者一覧

過去のタウンニュースの記事はコチラ

開催日

2020年11月20日(金)~2020年11月22日(日)

10時~17時(*最終日は16時終了)

住所

神奈川県横浜市中区尾上町5-80/神奈川中小企業センター 14階多目的ホール

【アクセス】
◆JR「関内駅」北口より徒歩6分
◆市営地下鉄「関内駅」7番出口より徒歩3分
◆みなとみらい線「馬車道駅」3番出口より徒歩10分

問い合わせ

一般社団法人 神奈川県発明協会

電話

045-633-5055

045-633-5055

休業日:土/日/祝/年末年始

注目