【6/19おうちグルメ更新】2020年の茅ヶ崎映画祭はオンライン「茅ヶ崎おうちでシネマ」で@茅ヶ崎市

このイベントは開催・申込を終了しました

【6/19おうちグルメ更新】2020年の茅ヶ崎映画祭はオンライン「茅ヶ崎おうちでシネマ」で@茅ヶ崎市

 映画を自宅で楽しめる「チガサキオンライン映画祭」が6月20日(土)から30日(火)まで開催される。茅ヶ崎がロケ地となった作品やゆかりの監督の作品などが視聴できるほか、市内飲食店とのコラボで映画に登場する料理もテイクアウトできる。

 新型コロナの影響で中止となった第9回茅ヶ崎映画祭に替わり、同祭実行委員会が企画した。

【6/19おうちグルメ更新】2020年の茅ヶ崎映画祭はオンライン「茅ヶ崎おうちでシネマ」で@茅ヶ崎市

18作品配信予定

 短編を中心とした18作品が配信予定(6月8日時点。変更の可能性あり)で、視聴方法は作品により動画配信サービス「Vimeo」の有料視聴と、ユーチューブの無料視聴に分かれる。

【6/19おうちグルメ更新】2020年の茅ヶ崎映画祭はオンライン「茅ヶ崎おうちでシネマ」で@茅ヶ崎市

 菱沼海岸在住の山本康士さん(33)が監督を務めた、余命わずかな少女の母に対する愛を死神の目線から描く「マカリス」や、茅ヶ崎市がホストタウン登録された北マケドニアの元大使が脚本を担当した『紫と金』、市内の老舗旅館「茅ヶ崎館」が舞台となった『川上音二郎版「正劇オセロ」』のほか、茅ヶ崎や湘南ゆかりの作品が数多く公開され、キャストや監督によるオンライントークショーも企画されている。

 山本監督は「オンライン配信はかえってチャンス。市外の人にも知ってもらって来年また茅ヶ崎に足を運んでもらえたら」と期待を寄せた。

おうちで「グルメ」も

「映画でおうちグルメ」が6月20日(土)から30日(火)まで開催される。市内飲食店とチガサキオンライン映画祭2020のコラボ企画。

【6/19おうちグルメ更新】2020年の茅ヶ崎映画祭はオンライン「茅ヶ崎おうちでシネマ」で@茅ヶ崎市

過去の映画祭上映作品や名作映画で登場する9メニューが参加(6月15日時点)。

  • 【1】江の島タコせんべい(湘南ちがさき屋)は、今年の映画祭上映作品『江ノ島シネマ 新月のトンボロ』でラーメンの上に乗って登場。
  • 【2】ラタトゥイユ(マシュー)/『レミーのおいしいレストラン』
  • 【3】ホットドッグ(湘南ハム工房ジロー)/『ダーティハリー』
  • 【4】ニューヨークチーズケーキ(ABC肉とワインのおいしい店)/『セックス・アンド・ザ・シティ』

など、映画好きなら見覚えのあるメニューが盛りだくさんとなっている。 実行委員の新井まり子さん(52)は「これまで映画祭の開催には地域の方の協力があった。コロナ禍の中、少しでも力になりたい」と話し、「視聴者にとっては過去の名作と出会うきっかけになれば」と期待を込めた。

開催日

2020年6月15日(月)~2020年6月30日(火)

住所

神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎

問い合わせ

茅ヶ崎映画祭実行委員会

メールアドレス

info@chigasakikan.co.jp