鎌倉若宮大路沿いに「マリーゴールド800株」かまくら桜の会員らが植栽

鎌倉若宮大路沿いに「マリーゴールド800株」かまくら桜の会員らが植栽

花植え作業に没頭する会員ら

 花植え作業に没頭する会員ら、かまくら桜の会(高柳英麿会長)は5月21日、若宮大路沿いの植え込みなどにマリーゴールド800株を植栽した。

約30人が作業

 市内の美化を目的として年に数回、季節の花々を植える活動を40年以上続けている同会。当日は会員のほか、鎌倉郵便局に勤める局員など約30人が作業を行った。

心のやすらぎを

 高柳会長は「長引くコロナ禍の中、暗い気持ちで過ごしている人も多い。鮮やかな花を目にして少しでも心安らいでもらえれば」と話した。