川崎市・桜本商店街「日本のまつり」中止 前日の大売り出しも中止

川崎市・桜本商店街「日本のまつり」中止 前日の大売り出しも中止

祭りの中止が決まった桜本商店街

 桜本商店街振興組合(渡辺正理事長)は毎年11月に開く商店街イベント「日本のまつり」の中止を決めた。まつり前日の大売り出しについても中止するという。

 同商店街によると、5月25日の総会で話し合いを行い決定。新型コロナウイルスの影響でまつりに向けた会合を開くことができない上、開催できたとしても会場が密になり、現状からすれば、感染拡大の恐れがあるとしている。渡辺理事長は「楽しみにしていた方には申し訳ない。万が一起きてしまったらと考えると断念せざるを得ない。今年についてはご理解いただきたい」と話す。

 日本のまつりは毎年11月の第3日曜日に開催。地域に住む日本人や外国籍の住民、障害者が心一つに楽しむ「多文化共生」のイベントで韓国・朝鮮の農楽「プンムルノリ」のパレードが名物。

住所

神奈川県川崎市桜本商店街