歴史研究家が「磯子の平子氏、蒔田の吉良氏」を語る【横浜市南区】

このイベントは開催・申込を終了しました

歴史研究家が「磯子の平子氏、蒔田の吉良氏」を語る【横浜市南区】

 「忠臣蔵」で赤穂浪士に討たれた吉良上野介とゆかりのある蒔田に関する歴史を調べる市民団体「蒔田の吉良歴史研究会」(齋藤勁会長)が6月20日、午前10時30分から講演会を蒔田町の旅館松島で開く。

 鎌倉時代に磯子に領土を持った平子氏について、郷土史研究家で横浜文学賞の受賞経験もある葛城峻さんが講演する。平子氏と吉良氏によって、戦国時代も磯子や蒔田といった横浜南部の平穏が維持されていた理由を語る。葛城さんは「平子氏と吉良氏は、『氏族特性』で領地を領民と守ったという共通点がある」という。

 参加費1500円。午後1時から、希望者のみで懇親会(参加費4000円)あり。

問い合わせは同会事務局(旅館松島)【電話】045・731・2720。

開催日

2020年6月20日(土)

住所

神奈川県横浜市南区蒔田町863 旅館松島

費用

1,500円
希望者による懇親会は別途4000円

問い合わせ

蒔田の吉良歴史研究会

電話

045-731-2720

045-731-2720

関連記事