ゆるキャラ『松姫マッピー』動画で所縁の地”武州八王子”を紹介

ゆるキャラ『松姫マッピー』動画で所縁の地”武州八王子”を紹介

武田信玄息女で八王子に織物の技術を伝えたと言われる、戦国時代の尼、松姫についての新しい動画が公開された=上画像。作ったのは、あきる野市在住で檜原村松姫研究会に所属する森下晴男さん。自身のユーチューブチャンネル(shonanboy18)で配信している。

 タイトルは「松姫マッピーと辿る松姫様の足跡武州八王子へ」。内容は史実に基づき松姫が辿ったであろう所縁の地を紹介するもの。八王子商工会議所の協力を経て「出演」したキャラクター「松姫マッピー」が案内をする形になっている。

 森下さんは数年前からそれぞれの地を訪ねており、撮りためた写真を今回使用した。動画は5月に10日間ほどかけ作り上げた。

 松姫の生涯を多くの人へ知ってもらうことをライフワークとしており秋には檜原村で関連のコンサートを企画している。「松姫は22歳のときに八王子へ来て、以後34年間を過ごしました。八王子の方にもっと知ってもらえたら」

関連記事

注目