『ヨコハマトリエンナーレ2020』7月17日開幕決定!ディレクターに初の外国人

『ヨコハマトリエンナーレ2020』7月17日開幕決定!ディレクターに初の外国人

ラクス・メディア・コレクティヴ 撮影:加藤甫

横浜市と横浜トリエンナーレ組織委員会は6月3日、ヨコハマトリエンナーレ2020を7月17日から開幕すると発表した。3日からの開幕を予定していたが、新型コロナウイルス感染症への安全対策のため2週間遅らせた。会期は10月11日まで。会場は横浜美術館とプロット48。チケットは日時指定の予約制で6月23日からオンラインでの発売を開始する。

3年に一度行われる現代美術の祭典。今回のタイトルは、「AFTERGLOW-光の破片をつかまえる」。インドのニューデリーを拠点に世界で活躍するアーティスト集団で「ラクス・メディア・コレクティヴ」をヨコトリ初の外国人ディレクターに起用した。参加アーティストは65組(6月現在)で、半数以上が20代、30代という新鮮な顔ぶれに。アジアやヨーロッパ、中東、アフリカ、大洋州、北米、中南米と世界各地から参加する。

開催日

2020年7月17日(金)~2020年10月11日(日)

木曜日 *7月23日、8月13日、10月8日を除く
10時~18時
*10月2日(金)、3日(土)、8日(木)、9日(金)、10日(土)は21時まで
*10月11日(日)は20時まで

住所

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1 横浜美術館

または、プロット48

費用

一般 2,000円
大学生・専門学校生 1,200円
高校生 800円
中学生以下 無料

問い合わせ

横浜トリエンナーレ組織委員会事務局

電話

045-663-7232

045-663-7232

(平日10:00~18:00)

関連記事

注目