「月百姿」展 月岡芳年 最晩年の世界 @川崎浮世絵ギャラリー

「月百姿」展 月岡芳年 最晩年の世界 @川崎浮世絵ギャラリー

「新形三十六怪撰 二十四孝狐火之図) (写真提供:川崎・妙子の里資料館)

 幕末・明治期に活躍した浮世絵師・月岡芳年(1839〜92)の『月百姿』の企画展が8月22日(土)から「川崎浮世絵ギャラリー〜斎藤文夫コレクション〜」(川崎区駅前本町・川崎駅前タワー・リバーク3階)で開催される。

 『月百姿』は芳年の最晩年の代表作。月にまつわる物語や伝承を題材ととしながらも、戦国武将や美女など歴史上の人物をはじめ、妖怪や幽霊、動物達が登場する。また、能や謡曲から得た題材も多く描かれるなど、変化に富む作品として知られる。

「月百姿」展 月岡芳年 最晩年の世界 @川崎浮世絵ギャラリー

「月百姿 源氏夕顔巻」
(写真提供:川崎・妙子の里資料館)

 芳年は12歳で武者絵を得意とする歌川国芳に弟子入り。『英名二十八衆句』で名をはせ、初期の頃は凄惨な場面を描いた「血みどろ絵」のイメージを強く残した。「ただ、生涯を通じて武者絵、歴史画、美人画、新聞錦絵など多彩な画業を残し、晩年に到達したのは張りつめた緊張感が漂う、妖しくも静謐な世界」だったと同ギャラリーの学芸員・蛭田裕紀子さんは語る。

前期と後期で開催 計124点を展示

 前期は9月13日(日)まで。作品を入れ替えた後期は9月19日(土)から10月18日(日)まで。計124点を展示。

 同ギャラリーは屈指の浮世絵コレクターである斎藤文夫氏(川崎区砂子)の収集品を展示。開館時間は午前11時から午後6時30分、入館は6時15分まで。休館日は月曜日。入館料は一般500円、高校生以下は無料。JR川崎駅北口徒歩2分。問い合わせは、同ギャラリー(【電話】044・280・9511)。

開催日

2020年8月22日(土)~2020年9月13日(日)

【前期】
開館時間は11時から18時30分(入館は18時15分まで)
休館日は月曜日

2020年9月19日(土)~2020年10月18日(日)

【後期】
開館時間は11時から18時30分(入館は18時15分まで)
休館日は月曜日

住所

神奈川県川崎市川崎駅前タワー・リバーク

JR川崎駅北口徒歩2分

問い合わせ

川崎浮世絵ギャラリー

電話

044-280-9511

044-280-9511

入館料は一般500円(高校生以下は無料)

注目