群馬県昭和村の物産展 横浜市・都筑プールで開催中

このイベントは開催・申込を終了しました

群馬県昭和村の物産展 横浜市・都筑プールで開催中

昭和村直送の野菜を手にする比嘉さん

横浜市都筑プール(葛が谷2の2)は横浜市の友好交流自治体である群馬県昭和村の物産展を30日(日)まで開催している。

 昭和村は、赤城山ろくに広がる村で生産量日本一を誇る「こんにゃく芋」やレタスやキャベツの産地として知られる。横浜市の施設である「横浜市少年自然の家赤城林間学園」を1972年に昭和村に開設して以来、昭和村と横浜市はおよそ半世紀にわたり交流が続いている。これまでは鶴見区にある横浜市高齢者保養研修施設「ふれーゆ」で物産展が行われていたが、コロナの影響で休館しているため、急遽都筑プールでの開催となった。

 物産展では、昭和村産のトウモロコシや落花生、ミニトマトの販売と、「やさい王国昭和村フォトコンテスト」の作品展示を行っている。自然豊かな昭和村の写真に足をとめる人や、新鮮な野菜を目当てに朝から来館する人もいた。都筑プール統括責任者の比嘉康太さんは「準備をしていてとても楽しかったのでこれからも自治体とコラボしてみたい」と話し、「プール利用がなくても足を運んでみてください」と呼びかけた。

 物産展は、10時〜20時(入荷状況により変更あり)。(問)【電話】045・941・8385

開催日

2020年8月28日(金)~2020年8月30日(日)

10時から20時(入荷状況により変更あり)

住所

神奈川県横浜市都筑区葛が谷2の2

電話

045-941-8385

045-941-8385

関連記事

注目