【横浜市青葉区】「汗まつり〜地獄のスパイシーフェスティバル」@藤が丘駅周辺

このイベントは開催・申込を終了しました

【横浜市青葉区】「汗まつり〜地獄のスパイシーフェスティバル」@藤が丘駅周辺

「汗まつり〜地獄のスパイシーフェスティバル」

「遅れてごめんね!!」――。毎年恒例の激辛メニュー食べ歩きイベント「汗まつり〜地獄のスパイシーフェスティバル」が9月5日から藤が丘駅周辺で開催中です。コロナ禍を受け、主催する藤が丘商店会は中止も検討したが、「こんな時だからこそ街を盛り上げたい」と奮起。例年から約1カ月半遅れとなったが、感染拡大防止策を講じ、各店が自慢の辛旨メニューを用意している。

 今年で5回目の同イベント。商店会加盟の飲食店が独自の激辛メニューを用意し、各店で一品食べるごとにシールを配布。集めたシールの枚数に応じて同商店会の年末の歳末感謝祭で最大31回の福引を引ける特典もあり、毎年多くの人が参加している。

「こんな時だからこそ」

 そんな人気イベントだが、新型コロナウイルスの感染が全国的に広がった4月に商店会は一旦延期を決定。イベントでの感染拡大を危惧して中止も検討したが、「青葉区内でもほとんどのイベントが中止になっている。こんな時だからこそ、新型コロナの閉塞感を打破すべく、楽しんでもらおう」(外山高嗣会長)と感染拡大が落ち着いた頃の開催を目指して準備を進めてきた。

 しかし、商店会はコロナ禍で売上減に悩む会員店舗に特別支援金として10万円を給付したことなどでイベントの開催費用が不足。そこで、7月にネットで支援を募るクラウドファンディングに初めて挑戦して費用を集め、何とか開催にこぎつけた。

17店舗の”狂宴”

 今年は店舗数やイベント期間など、少し規模を縮小しての開催となるが、カレーやイタリアン、中華料理など和洋中の多彩な17店舗が参加。ハバネロや特製激辛辣油などを使った辛旨メニューを楽しめる。

 期間は9月5日(土)から19日(土)まで。各店が新型コロナ感染拡大に注意して営業するほか、3密防止のためテイクアウト販売のみの店舗も多い。対象メニューを食べるともらえる「あつくるシール」を貼る台紙とマップは商店会会員店舗で配布中。外山会長は「各店自慢のメニューが揃う、藤が丘商店会の辛さの”狂宴”をぜひ楽しんでください」と話している。コロナウイルスの感染拡大状況によっては中止の場合あり。

 各店のメニューは公式インスタグラム(【URL】https://www.instagram.com/asematuri_fujigaoka/)で確認できる。問い合わせはナチュラーレ・ボーノ【電話】045・978・0355へ(火曜定休)。

参加店舗

▽ココロベーカリー▽BAKERY ABE▽フレンチ キャトル フイユ▽手打ちそば 蕎林▽セゾンド マグ▽ドリームバスケット▽田原精肉▽らーめん 大桜藤が丘駅店▽イタリア料理 ナチュラーレ・ボーノ▽ドツテテ柿の木台▽ひもの居酒屋 ちょうちん▽Billys Cafe&Dine▽ホルモン焼肉 いくどん藤が丘店▽いちから参かふぇ▽中国酒菜さいゆうき▽らうめん纏▽マザーズ 藤が丘店

開催日

2020年9月5日(土)~2020年9月15日(火)

住所

神奈川県横浜市青葉区藤が丘

問い合わせ

ナチュラーレ・ボーノ

電話

045-978-0355

045-978-0355

関連記事

注目