【横浜人形の家】 癒しのセルロイド人形展 国内唯一の工房作品も

このイベントは開催・申込を終了しました

【横浜人形の家】 癒しのセルロイド人形展 国内唯一の工房作品も

企画展のチラシ

セルロイド人形を素材や歴史、製造過程などの視点から紹介する企画展が、横浜人形の家=横浜市中区=で開催されている。

セルロイド人形は、1860年代にアメリカのハイアット兄弟が制作。当時は高価な人形だったが、20世紀前半にはドイツやフランス、日本でも生産されるようになり、滑らかな触り心地が人気を呼んで子どもたちに愛された。

日本唯一のセルロイド人形工房「平井玩具製作所」

キューピー人形をはじめとした国内外のレトロな作品が並ぶほか、セルロイドで作られた各種製品も展示。日本唯一のセルロイド人形工房「平井玩具製作所」の歴史やオリジナル人形の「ミーコ」、平井英一さんが手掛ける人形作りの工程なども紹介している。

11月8日まで。午前9時30分から午後5時(最終入館4時30分)。観覧料大人600円、小中学生300円。月曜休館。

問い合わせは横浜人形の家【電話】045・671・9361。

開催日

2020年9月5日(土)~2020年11月8日(日)

午前9時30分から午後5時(最終入館4時30分)
※毎週月曜日休館、祝日の場合は翌平日に振替休館

住所

神奈川県横浜市中区山下町 18番地

費用

観覧料大人600円、小中学生300円

問い合わせ

横浜人形の家

電話

045-671-9361

045-671-9361

ホームページ

https://www.doll-museum.jp/

人気記事

注目