岡本太郎美術館の企画展から「アマビエ」 川崎市庁舎にも コロナ終息願い、2体目

このイベントは開催・申込を終了しました

岡本太郎美術館の企画展から「アマビエ」 川崎市庁舎にも コロナ終息願い、2体目

第3庁舎で来庁者を迎える「アマビエ」

 川崎市岡本太郎美術館(枡形)で開催中の企画展「高橋士郎 古事記展 神話芸術テクノロジー」に関連して、作品の一つ「アマビエ」が川崎市役所第3庁舎(川崎区)に登場。先月25日から、1階ロビーで来庁者を見守っている。

【岡本太郎美術館の企画展はコチラ】

 空気膜構造ロボット(バボット)を考案する造形作家・高橋士郎氏が、新型コロナウイルスの早期終息と企画展の無事を祈願し、同展にあわせて「アマビエ」を制作。7月から同館のエントランスホールで展示してきた。これが加藤順一副市長の目に止まり、同館学芸員の大杉浩司さんが市庁舎に置くことを提案。高橋氏も快諾し、新たな1体を制作した。

岡本太郎美術館の企画展から「アマビエ」 川崎市庁舎にも コロナ終息願い、2体目

美術館に展示する同作

 同作は高さ3・4メートル。市庁舎では10月9日(金)まで、平日に展示される。同企画展も10月11日(日)までと残りわずか。大杉さんは「古事記展の40柱の神様と共にアマビエがコロナを収束させ、川崎市民の健康を守ってくれることを願っています」と話している。

マルシェ初開催

 企画展最終日の10月11日には、美術館前の母の塔広場で「TAROマルシェ」が開かれる。午前11時から午後4時。作家による工芸品やアート作品の出店、ミニパフォーマンスなど。詳細はこちら

開催日

2020年9月25日(金)~2020年10月9日(金)

川崎市庁舎での展示

2020年7月23日(木)~2020年10月11日(日)

岡本太郎美術館での企画展

2020年10月11日(日)

岡本太郎美術館でマルシェ開催
11時~16時

住所

神奈川県川崎市川崎区 川崎市役所第3庁舎

関連記事

注目