長沢在住 関口さんに総務大臣表彰 自治会、防犯協会で功労【2019年12月6日号】

シェアする
表彰式当日、荻原区長(左)を訪ねた関口さん

 長沢自治会や多摩防犯協会の会長を歴任した長沢在住の関口鐘雪さん(89)が、「自治会等地縁による団体功労者」として今年度の総務大臣表彰を受けた。11月29日には総務省で表彰式が行われ、全国自治会連合会や全国知事会らが参列する中、表彰状を手にした。

 関口さんは1987年から16年間、長沢自治会の会長として地域課題の解決に奔走。生田地区町会連合会の会長も務めた。多摩防犯協会では、防犯を身近に感じてもらおうと少年サッカー大会などを開催し、多彩な啓発活動に尽力。昨年までの15年間、3代目の会長を全うした。

 表彰について、「夢にも思わなかった。振り返ると、自分ながらよくやってきたなと思う」と関口さん。「感謝を伝えたいのは一緒に活動してくれた役員の皆さん、あとは支えてくれた女房ね」と目尻を下げた。報告を受けた荻原圭一区長は「本当に、地域のためにご尽力いただいた」と感謝を表した。

 この総務大臣表彰は、自治会や町内会等の地縁による団体の代表者として長年在籍し、良好な地域社会の維持・形成に顕著な功績があった人に贈られる。今年度は全国で151人が表彰を受け、市内では関口さんのほか、麻生区の高橋慶子さんが選ばれた。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市

公開日:2019-12-06

関連タグ

同じ特集の記事