三浦半島に電車で行って「キャンピングカー」に泊まる!

三浦半島に電車で行って「キャンピングカー」に泊まる!

観音崎京急ホテル内に設けられた車中泊スポット

京急とベンチャーの新事業

京浜急行電鉄とベンチャー企業のCarstay(カーステイ)は先ごろ、三浦半島で車中泊キャンプを楽しむ新サービスを発表した。電車で訪れた人が駅でキャンピングカーに乗り換えて、風光明媚な場所で優雅な時間を過ごしてもらう。事業化の第一弾としてカーステイ社が運営する予約サイトに、京急グループが運営する観音崎京急ホテルなど3つの車中泊スポットを開設する。

近年高まりを見せるキャンプ人気に呼応して、キャンピングカーやバンと呼ばれる箱形の貨物自動車で車中泊を楽しむキャンパーが増えている。新型コロナ感染症の影響で3密(密集・密接・密閉)避けることができるレジャーとしても注目されている。

「トレイン&キャンピングカー」

カーステイ社はキャンピングカーを貸し出す国内初のカーシェアリングサービス「バンシェア」を運営。京急は同社との協業で「トレイン&キャンピングカー」という新しい旅のスタイルを提案し、三浦半島を「バンライフの聖地」にしていく考えだ。現在、京急が開設する車中泊スポットは、観音崎京急ホテルのほか、三浦市の京急油壺観潮荘、城ケ島西部地区の駐車スペース(11月予定)がある。三浦半島近辺には、キャンピングカーなど車中泊仕様の車両14台が「バンシェア」に登録されており、三崎口駅、逗子・葉山駅ほかで車両を利用できる。

 詳細は特設ページ【URL】https://carstay.jp/ja/vanlife/miura

三浦半島に電車で行って「キャンピングカー」に泊まる!

海を目の前に臨む城ヶ島ステーション

住所

神奈川県横須賀市観音崎京急ホテル

関連記事

人気記事

注目