要事前申し込み「自作の望遠鏡で星を見よう」観察会も同時開催 【逗子市】

このイベントは開催・申込を終了しました

要事前申し込み「自作の望遠鏡で星を見よう」観察会も同時開催 【逗子市】

画像はイメージです

ワークショップ

地域情報誌タウンニュース逗子版に「星座にまつわるエトセトラ」を連載中のプラネタリウムプランナー・かわいじゅんこさんが11月22日(日)、「天体望遠鏡作り」のワークショップを開催する。午後3時から4時30分まで。

  • かわいじゅんこさんは、日本で唯一のプラネタリウム・プランナー。移動式プラネタリウムや天文に関するワークショップを開催し、星空の楽しみ方を伝える『元祖宙ガール』

かわいさんの指導のもと、キットを使って月や火星など様々な星を見ることができる天体望遠鏡を自分たちで制作する(実際に使用する際は三脚が必要)。会場は黒門カルチャーくらぶ研修室(逗子市新宿1の4の7)。参加費1組5200円(キット1台分込み)で定員6組。

観察会

また、同日午後6時から7時30分まで、「わくわく惑星観察会」も実施する(雨天曇天時は室内で星空解説を実施予定)。「これからの季節は寒くなるけれど星空を楽しむのには良い季節。流れ星が沢山見られるので、作った望遠鏡を使いこなせるようになりましょう」とかわいさんは呼び掛けている。

参加費は中学生以上が1千円、小学生500円、幼児無料で定員20人。申し込みは公式ホームページ「宙の学校」の問い合わせ&申し込みページに参加するイベントタイトル、参加者全員の氏名、住所、電話番号、代表者のメールアドレスを記入し送る。

2、3日たっても返信がない場合や、イベントに関する問い合わせは【携帯電話】080・5438・8154かわいさんへ。

開催日

2020年11月22日(日)

「天体望遠鏡作り」午後3時から午後4時30分
「わくわく惑星観察会」午後6時から午後7時30分

住所

神奈川県逗子市黒門カルチャークラブ

費用

天体望遠鏡作り:参加費1組5200円(天体望遠鏡キット1台分込み)
観察会:参加費中学生以上1000円 小学生500円 幼児無料

問い合わせ

かわいじゅんこさん

電話

080-5438-8154

080-5438-8154

関連記事

人気記事

注目