響きあう「ミニマリズム」の世界@横須賀美術館

響きあう「ミニマリズム」の世界@横須賀美術館

天野純治《field of water #015018》2015年 作家蔵

 「minimal(最小限) 」と「ism(主義)」を組み合わせた造語、ミニマリズム。装飾的な要素を必要最小限まで省略する様式で、1960年代に美術分野で始まった表現スタイルだ。これをテーマにした企画展が、11月14日(土)から横須賀美術館(鴨居4の1)で始まる。

 「倉重光則+天野純治展 ミニマリズムのゆくえ」では、三浦半島で創作活動を続ける倉重さん(三浦市在住)と天野さん(葉山町在住)の近作、新作を中心に構成。作品世界の響きあいを感じることができる。

響きあう「ミニマリズム」の世界@横須賀美術館

倉重光則《光と物の間》2020年 Steps Gallery(展示風景)

視覚・触覚の不思議

 60年代からパフォーマンスや写真・映像などの表現活動を展開する倉重さんは、モノを見せると同時に消すという「光」の効果に着目し、蛍光灯やネオン管の人工光を用いたインスタレーション作品を多く発表。同展では、ネオン管と人型モチーフで構成する野外作品や新作の映像を含めた10点から、光の作用を体感できる。

 天野さんは「field of water」と題したシリーズで、アクリルや顔料の層を重ねる技法で色彩を物質化したような作品を発表するなど、「平面と絵画表現の臨界」に挑み続けている。同シリーズほか、90年代後半に手掛けた鉛を用いた平面作品やドローイングなど近新作約30点を通して、”触覚”に訴えかけるような表現に触れることができる。

 会期は12月25日(金)まで、展覧会情報は同館YouTubeチャンネルでも配信していく(「横須賀美術館」で検索)。問い合わせは【電話】046・845・1211

開催日

2020年11月14日(土)~2020年12月25日(金)

開館時間10時から18時

住所

神奈川県横須賀市横須賀美術館

問い合わせ

横須賀美術館

電話

046-845-1211

046-845-1211

人気記事

注目