「2050年CO2排出実質ゼロにむけて さぁ私たちは何をする!?」多摩市気候非常事態宣言記念シンポジウム

このイベントは開催・申込を終了しました

「2050年CO2排出実質ゼロにむけて さぁ私たちは何をする!?」多摩市気候非常事態宣言記念シンポジウム

(左から)市地球温暖化対策担当・市ノ瀬課長、市ごみ対策課・薄井課長、市公園緑地課・長谷川課長

 小規模・地域分散・ネットワーク型のエネルギー循環型社会を目指し、活動を行う市民有志の団体「(一社)多摩循環型エネルギー協会」が主催する「多摩市気候非常事態宣言記念シンポジウム」が12月6日(日)午後1時から3時まで、永山公民館4階集会室で開催される。参加無料。

 12月5日・6日に開催される「多摩市消費生活フォーラム&エコ・フェスタ」内のプログラムの中で開催される同シンポジウム。

 「2050年CO2排出実質ゼロにむけて さぁ私たちは何をする!?」と題し、「多摩市気候非常事態宣言」に盛り込まれた地球温暖化対策、資源の有効活用、使い捨てプラスチックの削減、生物多様性、水と緑の保全について、多摩市環境部の担当者=写真=と市議会代表の岩永久佳議員とともに考える。

「2050年CO2排出実質ゼロにむけて さぁ私たちは何をする!?」多摩市気候非常事態宣言記念シンポジウム

(左から)市環境政策課・佐藤課長、生活環境常任委員会委員長・岩永議員

 定員は54人(先着順)。問い合わせは、同協会事務局info@【メール】tama-enekyo.org、【携帯電話】070・5369・0230へ。

開催日

2020年12月6日(日)

午後1時から3時まで

住所

東京都多摩市永山1-5

費用

参加無料

問い合わせ

多摩循環型エネルギー協会

電話

070-5369-0230

070-5369-0230

関連記事

注目