「麻生でワイン作り」 専門家交えディスカッション@川崎市・麻生市民館

このイベントは開催・申込を終了しました

「麻生でワイン作り」 専門家交えディスカッション@川崎市・麻生市民館

画像はイメージです

「川崎でワインの持つ可能性を見出そう」

 川崎市のワインの現状と可能性を専門家から学ぶパネルディスカッション「川崎でワインの持つ可能性を見出そう」が麻生市民館大会議室で開催される。12月20日(日)、午後2時〜4時。無料。

ワイン生産や都市農業などについて語る

 ワインなど果樹酒を造るためのルールが軽減される「かわさきそだちワイン特区」に2020年3月、認定された麻生区、多摩区、宮前区。パネリストには、

  • この活動をけん引し、自ら市内農家で初の果実酒製造免許を取得した山田貢氏(農業生産法人カルナエスト代表取締役)や、
  • サントリーワインインターナショナル株式会社の松尾英里子企画部長、
  • 和光大学地域連携研究センターの小林猛久教授、
  • 坂城葡萄酒醸造(株)の成澤篤人代表取締らが登壇し、

ワイン生産や都市農業などについて語る。川崎市教育委員会主催。

オンライン配信あり

 会場での定員は先着順で50人。オンラインでの配信もあり。申し込みは電話、FAX、来館で。【電話】044・951・1300、【FAX】044・951・1650。オンライン配信希望者は同館ホームページ(https://www.city.kawasaki.jp/asao/page/0000122841.html)からのみ受付。オンライン視聴の定員は100人。

開催日

2020年12月20日(日)

午後2時~午後4時

住所

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-5-2 麻生市民館

費用

無料

問い合わせ

麻生市民館

電話

044-951-1300

044-951-1300

FAX 044-951-1650

関連記事

注目