海老名に「ロマンスカーミュージアム 」4月19日オープン!(来館予約受付中)

シェアする
1階のギャラリー(左上)と2階にあるジオラマパーク(右上)・キッズパーク(右下)、運転シミュレーター(左下)

小田急線「海老名駅」の隣接地に4月19日(月)にオープンする「ロマンスカーミュージアム」の竣工お披露目会が3月26日に開かれ、ミュージアムが公開された。1927年の小田急開業以来初となる屋内常設展示施設には、時代を彩った歴代のロマンスカー車両のほか国内最大級の沿線ジオラマが展示されている。

 約4千平方メートルの敷地に建つ地上2階の建物は、海老名車検区にある検車庫を基調としたデザインで施設内は展示物が引き立つよう抑えめの色合いを基調とした。2階の玄関には木で組み上げたロマンスカーオブジェが置かれ、屋上には小田急線「海老名駅」に発着する電車を眺めることができる「ステーションビューテラス」がある。

ミュージアムのロゴマーク(小田急電鉄(株)提供)

海老名のシンボル

 ロマンスカーミュージアムは、1927年の小田急線開業以来初となる屋内常設展示施設。海老名電車基地とエリア開発が進む「ViNAGARDENS」とも隣接した好立地にあり、新たな海老名のシンボルとしてにぎわいの創出が期待されている。コンセプトは「”子ども”も”大人”も楽しめる鉄道ミュージアム」。

「モハ1」展示

 入口の階下となる1階がメインの施設。1927年の開業当時から現存する車両「モハ1」とショートムービーが客を出迎えSE(3000形)とNSE(3100形)、LSE(7000形)が並ぶ車両展示室へといざなう。一部の車両には出入りができ、車輪部分や連結部分も間近で見ることができる。

ジオラマパークのイメージ〔小田急電鉄(株)提供〕

運転シミュレーター

2階には約190平方メートルのフロアに新宿から江の島、箱根の沿線ジオラマがあり、映像ショーもある。キッズパークでは工作やアスレチックで遊べて、駅へのデッキに面したカフェには車内で提供されていた紅茶とケーキのセットもある。

 実際の運転台を再現した運転シミュレーターでは、3つの駅間の実写映像が運転体験できる(別途有料)。

展示するすべての車種の運転経験がある高橋孝夫館長(57)は「運転手時代には日々安全運航に努力してきた。これからはさらなる笑顔と感動、地域の皆様と連携して楽しい未来をつくっていきたい」と話していた。

 オープンは4月19日で当面は予約制。WEBサイトで予約を受け付ける。入場料は大人900円(3歳未満は無料)。(問)046・233・0909

住所

神奈川県海老名市海老名駅

海老名駅隣接地(MAPは海老名駅)

費用

入場料は大人900円(3歳未満は無料)。

問い合わせ

ロマンスカーミュージアム

電話

046-233-0909

046-233-0909

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-04-04

関連タグ