【動画公開】秦野の風景で“ぬり絵動画”作成「400枚の想いつなぐ」

このイベントは開催・申込を終了しました

【動画公開】秦野の風景で“ぬり絵動画”作成「400枚の想いつなぐ」

完成した動画(※この記事中で再生可能動画を紹介しています)

コロナ禍で不安を感じる子どもたちを笑顔にしたいと、250人以上が塗った秦野市内の風景のぬり絵をつないだ動画「ぬりえモーション」が完成しました。動画共有サイト「ユーチューブ」で公開中です。

カルチャーパークほか5種類をぬり絵

動画を企画したのは秦野市役所職員の大森祐介さん。新型コロナの流行で学校が休校になったときに「友だちと集まる機会がなくなってさみしい」という子どもたちの声を聞き、「映像の中だけでも楽しく遊んで欲しい」と、自宅から参加できる「ぬり絵」を募って動画を制作することに決めました。ぬりえモーションは「ぬり絵」と「エモーション」、「モーションピクチャー」を組み合わせて大森さんが考えた造語。「仕事で編集技術を学ぶ機会があったので、生かせればと思った」と大森さんは振り返ります。

『秦野を明るくするんだ』

ぬり絵は秦野市内の「カルチャーパーク」など、秦野市内の子どもたちが利用する遊び場などの写真を加工して5種類を用意。以前から親交のあった秦野市立渋沢小学校の荒谷舞教諭や知人らに協力を呼びかけ、6月からぬり絵の配布を始めました。荒谷教諭は「コロナ禍の中子どもたちと何ができるかを考えていた中で知り、参加させていただきました。ぬり絵をする児童たちから『秦野を明るくするんだ』という強い思いを感じた」と話しています。

口コミで250人以上が参加

【動画公開】秦野の風景で“ぬり絵動画”作成「400枚の想いつなぐ」試写会の様子

口コミで広まり、1歳から85歳の250人以上から約4百枚が集まりました。市内在住の漫画家、鬼頭莫宏(もひろ)氏と市出身のアニメ監督、イシグロキョウヘイ氏も参加しました。

11月20日に秦野市内の渋沢公民館で完成直前試写会を実施しました。鑑賞した和田真矢さん(上小3年)と近藤優希さん(同)は「自分の絵が出て嬉しい」と声を弾ませていました。大森さんは「たくさんの方に協力いただき、人とのつながりを強く感じた。この動画をきっかけに秦野の魅力を再確認し、いろいろな形で楽しんでもらえれば」と話しています。

ぬりえモーション完成動画はコチラ

開催日

2020年12月18日(金)

住所

神奈川県秦野市南矢名

人気記事

注目