【取材レポ】横浜市磯子区の「グローバル行政書士ネットワーク」コロナ禍でのオンライン相談会を開催

シェアする
グローバル行政書士ネットワークの浅川真一理事長
グローバル行政書士ネットワーク代表理事の浅川真一さん

 横浜市磯子区の一般社団法人グローバル行政書士ネットワークは、新型コロナウイルス感染症が拡大する中でも市民の力になりたいと、電話やインターネット、テレビ電話を使った「オンライン相談会」を開催しています。遺言・相続・後見人等の終活問題を中心に補助金・給付金等コロナや経営にまつわる相談も受け付けています。

感染リスクが高い高齢者のためにオンライン相談会を企画

過去に開催した相談会の様子

過去に開催した相談会の様子

 同法人ではこれまで、地区センターや公会堂での対面相談を中心に活動してきましたが、コロナ感染症拡大に伴い、感染リスクの高い高齢者のためにオンライン相談会を企画しました。特に相続問題は心配の種が小さいうちに取り除いておかないと、「争続」になりかねません。早めの準備が必要です。

 コロナだからと先延ばしせず「ご家族とテレビ電話で話すような感覚でお気軽にご相談いただければ」と呼びかけています。

専門家のネットワークで対応

ベイスターズのユニフォームを着る浅川理事長

ハマっ子でベイスターズファンの浅川さん

 代表理事の浅川真一さんは、横浜生まれ横浜育ちの「ハマっ子」。両親が市内で和菓子店を営み、経営に苦労する姿を見てきたことから、「少しでも皆さんの役に立てれば」と会計事務所に就職。そこで様々な相談にのるうちに、会計だけではなく幅広い相談にのることができる行政書士を目指したそうです。

 2000年には行政書士浅川事務所を開業。この道20年超のベテラン行政書士です。2019年には一般社団法人グローバル行政書士ネットワークを設立。同法人は行政書士を中心とした士業の有志で結成し、ご依頼いただいた案件は専門士業の有資格者が原則2名以上で担当し、迅速、正確な処理が可能となっています。

こんな時は「頼れる街の法律家」行政書士にご相談ください

遺言書作成、相続手続き、成年後見の手続き、交通事故の相談などお任せください

 行政書士は、官公署等へ提出する書類の作成、提出手続代行を行う法律と実務の専門家です。取り扱える書類は1万種類を超えるとも言われています。あまり目立たず、縁の下の力持ち的な仕事が多いですが、もっとも市民の身近な存在でもあるとのこと。「名実ともに『頼れる街の法律家』となれるよう、これからも研鑽していきたい」と浅川さんは語ります。

コロナ禍でのオンライン相談会

 オンライン相談会はホームページ、電話で事前予約が必要。初回相談料は無料。1回あたりの相談時間は20分程度。追加料金がかかる場合には事前見積もりの上、行いますので安心してご相談ください。

感染症対策もバッチリ

 JR根岸線・根岸駅徒歩4分の事務所では、感染症対策を十分に行っており、これまで通りの対面相談も可能です。終活・相続、経営に関するオンラインセミナーも随時開講しています。

住所

神奈川県横浜市磯子区西町10‐15‐302

問い合わせ

一般社団法人グローバル行政書士ネットワーク

電話

045-370-7880

045-370-7880

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-03-13

関連タグ