13.名瀬連合町内会

シェアする

主なエリア:名瀬町、川上町の一部

自治会町内会数:15  

連合加入世帯数:約4,500世帯

名瀬地区は、戸塚区の北東部に位置し、南北に長い丘陵地帯で、中央に名瀬川が流れ、かつては区内で二番目に広い面積295haの農村でした。現在は、横浜新道が横切り、桜木・東戸塚線と権太坂・和泉線の都市計画道路が町の中央で合流する工事と境川治水のための名瀬川改修工事(遊水地は完成)も進行中です。  

昭和55年にJR東戸塚駅の開業と時を同じくして、名瀬連合町内会が結成され、現在15自治会町内会が活動中で、昭和45年頃より人口が急増し、現在約1万5千人の方々が生活しています。名瀬地区は、横浜市の緑の7大拠点のひとつであり、自然と環境を守るため、名瀬連合町内会横浜市が策定した中期計画に添うよう、横浜市と協働して、自然を守り、人と自然が共生するまち、誰もが安心して生き生きと暮らせるまちを目指しています。

▼タウンニュース戸塚区版2020年12月3日号の紹介記事はこちら

地区内の町内会名 (※は連合未加入)

  • 名瀬第一町内会
  • 名瀬第二町内会
  • 名瀬第三町内会
  • 名瀬第四町内会
  • 東戸塚ネオポリス自治会
  • 市営名瀬住宅自治会
  • 名瀬たかの台自治会
  • ネオコーポ戸塚自治会
  • メゾン戸塚自治会
  • ニックハイム戸塚自治会
  • アルス東戸塚自治会
  • 戸塚ガーデン自治会
  • エステ・アベニュー緑園都市自治会
  • 市営名瀬第二住宅自治会
  • ソフィア戸塚アクアステージ自治会
戸塚区連合町内会自治会連絡会ページ

住所

神奈川県横浜市戸塚区

公開日:2020-02-06

同じ特集の記事