みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」4月22日から運行 運賃は1,000円

シェアする
ロープウェイが運行する新港ふ頭を臨む景観イメージ

JR桜木町駅前と新港ふ頭の横浜ワールドポーターズ前の約630mをつなぐロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」が、4月22日に運行開始することが決まった。

所要時間は片道約5分で、運賃は大人1千円、子ども500円。運行距離は約630m、最大高は約40mとなる。

運行されるゴンドラは1基8人定員で、営業時間中(午前10時〜午後10時)36基が運行ルートを循環する。事業主体は、よこはまコスモワールドなどを運営する泉陽興業(株)=本社・大阪市。

施設はバリアフリー対応で、ゴンドラには冷房を完備。ゴンドラにはイルミネーションも施され、夜間景観を演出する計画だ。泉陽興業の担当者は「みなとみらい地区の賑わいづくりの力になれれば」と期待する。

住所

神奈川県横浜市中区 桜木町駅前~横浜ワールドポーターズ前

費用

運賃は大人1,000円、子ども500円

問い合わせ

泉陽興業(株)

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-01-23

関連タグ