コロナ禍での対策学ぶ 3月9日、減災運動推進大会@保土ケ谷公会堂(オンラインもあり)

シェアする
講師を務める国崎さん

「『20万区民の自助・共助による減災運動』推進大会」が3月9日(火)に保土ケ谷公会堂で開催される。午後2時から3時30分まで。参加無料。

同大会は自分で自身の命を守る「自助」と、災害時に地域の人たちや町内会・自治会で助け合う「共助」を住民主体で推進していくことを目的に開催されている。

今回は「コロナ禍を踏まえた、自宅でできる災害対策」がテーマ。初期消火装置の使用訓練や福祉施設との合同防災訓練、子育てサロン等を通じて幅広い年代に防災講座を実施するなど、地域防災力の向上を目指し活動する峰岡町岡沢町自治会の取り組み事例が紹介されるほか、(株)危機管理教育研究所の国崎信江代表が「コロナ禍における災害への備え」として、家族や地域でどのような対策が必要になるのかを講演する。

参加方法は、会場で直接聴講する場合(先着250人)とZoomを使ったオンライン(先着100人)の2種類。下記リンクから、必要事項を入力して申し込む。2月28日(日)締め切り。

問合せは区役所総務課庶務係【電話】045・334・6203へ。

お申込み

【会場で参加する人はコチラから】

【ZOOMで参加する人はコチラから】

開催日

2021年3月9日(火)
午後2時から3時30分まで 必要事項を入力して特設ページから申し込む 2月28日(日)締め切り

住所

神奈川県横浜市保土ケ谷区星川1丁目2の1 保土ケ谷公会堂

費用

参加無料

問い合わせ

保土ケ谷区役所総務課庶務係

電話

045-334-6203

045-334-6203

公開日:2021-02-03

関連タグ