コロナ禍で苦しい飲食店を支援!「ほどがやお弁当まつり」 2月1日からはカレーと中華

シェアする

このイベントは終了しました。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言発出を受け午後8時までの営業時間短縮要請もあり、かつてない苦境に立たされている飲食店をサポートしようと保土ケ谷区役所が企画した「ほどがやお弁当まつり」が3月まで開かれている。

企画には10店舗が参加。3月12日までの期間中、月・水・金曜日の午前11時から午後2時まで区役所総合庁舎1階に設けられる特設ブースで各店が手掛ける自慢の味を詰めた弁当を販売する。

出店予定

1月29日には天王町のインドネシア料理店「マスカット」と上星川と星川に店舗を構えるパン屋「バニヤンツリーベーカリー」が出店。それぞれ「ナシゴレンスペシャル」(680円)と「ランチパック」(800円)を販売する。また、2月1日から12日までは帷子町の「ダイニング・カフェたん吉」が「牛タンカレー弁当」(600円)を西谷町の中華料理店・思秀は「スペシャル弁当」(600円)を販売する。

問い合わせは保土ケ谷区総務部地域振興課【電話】045・334・6302へ。

開催日

2021年1月18日(月)~2021年3月12日(金)
月・水・金曜日の午前11時から午後2時まで
※売り切れ次第終了

住所

神奈川県横浜市保土ケ谷区川辺町2-9 保土ケ谷区総合庁舎1階(総合案内横)

問い合わせ

保土ケ谷区総務部地域振興課

電話

045-334-6302

045-334-6302

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-01-30

関連タグ