川崎市人権学校「インターネットの危険性」高額課金やリベンジポルノなど具体例から学ぶ

シェアする
講演する船越弁護士

川崎市は人権問題について理解を深める人権学校を2月26日㈮から3月12日(金)までオンラインで開催する。

具体例からポイントを学ぶ

テーマは「インターネットの危険性~被害者にも加害者にもならないために~」。SNS(交流サイト)に投稿する際に知っておくべきことや注意すべきことのほか、子ども達が犯罪に巻き込まれやすい「自撮り」や「SNS上での出会い」「リベンジポルノ」、オンラインゲームを利用した「高額課金トラブル」、「私生活上の写真の投稿」の実態などの具体的な事例を挙げながら、被害者や加害者にもならないためのポイントを知ることができる内容となっている。講師を務めるのは、インターネットのトラブルに詳しい船越雄一弁護士。講演時間は1時間程度。

事前申込制:2月22日締め切り

 事前申込制。希望者は、氏名、住所、電話番号、ファクスまたはメールアドレスを記載の上、川崎市公式ウェブサイトの専用フォームもしくはファクス(044・200・3914)から申し込む。2月22日(月)締め切り。問い合わせは、川崎市市民文化局人権・男女共同参画室(044・200・2316)。

開催日

2021年2月26日(金)~2021年3月12日(金)
オンライン開催

2021年2月22日(月)
事前申込締切日

住所

神奈川県川崎市

オンライン開催のため実会場無し

費用

参加無料

問い合わせ

川崎市市民文化局人権・男女共同参画室

電話

044-200-2316

044-200-2316

FAX:044-200-3914

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-02-10

関連タグ