鳥居清長、喜多川歌麿など 黄金期の浮世絵師の名作110点が楽しめる!【川崎浮世絵ギャラリー】

シェアする

このイベントは終了しました。

黄金期の浮世絵師たち〜清長、写楽に豊国も〜展

 川崎市川崎区駅前本町のタワー・リバーク3階にある川崎浮世絵ギャラリー〜斎藤文夫コレクション〜で「黄金期の浮世絵師たち〜清長、写楽に豊国も〜」展が開かれている。

美人画を中心に展示

 18世紀後半の主に天明・寛政期の約20年間は多くの実力派浮世絵師が活躍し、のちに「錦絵の黄金期」と呼ばれている。今回は八頭身の美人画で一世を風靡した鳥居清長、美人大首絵で名をはせた喜多川歌麿など美人画を中心に展示。

同ギャラリーの学芸員・蛭田裕紀子さんは「コロナ対策を行いながら開館を続けています。ぜひご高覧下さい」と呼びかけている。

 期間は3月7日(日)まで。後期は3月13日(土)から4月4日(日)まで。

 開館時間は午前11時から午後6時30分まで。入場時間は午後6時15分まで。

 観覧料は500円。高校生以下、障害者とその介助者1人は無料。

 問い合わせは【電話】044・280・9511。

開催日

2021年2月6日(土)~2021年3月7日(日)
午前11時~午後6時30分(入館午後6時15分まで)
【前期】

2021年3月13日(土)~2021年4月4日(日)
【後期】

住所

神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎浮世絵ギャラリー

川崎駅前タワー・リバーク 3階

費用

入館料 一般 500円/高校生以下 無料/障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名 無料

問い合わせ

川崎浮世絵ギャラリー

電話

044-280-9511

044-280-9511

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-02-24

関連タグ