<体験レポ>服のサイズが合わない!横浜青葉区「洋服のリフォーム奥山」でワンピースのお直しをしてみた

シェアする
縫製歴約60年の奥山さんがいる「洋服のリフォーム奥山」
縫製歴約60年の奥山さんがいる「洋服のリフォーム奥山」

洋服のサイズ直しっていくら?どうやるの?

肩幅が合わない、丈の長さを変えたい…など、洋服で困ったら頼りになるのがお直し店。ですが、料金はいくらに?流れは?と、イメージがつかず利用していない人もいるのでは?記者が横浜市青葉区桜台の老舗「リフォーム奥山(おくやん)」に、サイズが合わず困っていたワンピースのお直しをお願いしてみました!

写真は夏の取材時

いつも優しい奥山さん。縫製歴はなんと約60年!ご夫婦で長年、お店を続けています。

  • 依頼したのは以前、結婚式出席のため通販で買ったワンピース。安全策で大き目サイズを買ってしまい、上半身がぶかぶかでした。

奥山さんに服を見せると、さっそく希望を聞いてくれました。こちらは試着スペースがあるので、実際に着て、どれくらい詰めると丁度良いか採寸しながらチェックしてくれます。

記者「ウエストと、袖がもう少し自然になれば…」

奥山さん「もう少し詰めてみましょうか」

印を付けたら、その場で仮縫いし、もう一度着てみてチェック。

  • これにはお客さんから「そこまでしてくれるなんて!」との声も。仮縫いは、お客さんに時間があって必要な場合のみになりますが、その場で仕上がりイメージができるので、これは安心!私はさらに詰める形でお願いしました。

お値段は?

ズボンの裾上げと違い、裏地もあるワンピースで、複雑そう…一体いくらに?と思っていましたが、

「『胴回り詰め』と『袖幅詰め』で5,000円になります」と奥山さん。

このお値段でやってもらえるのは、ありがたい!自分の体に合ったサイズにしてもらえるので、既製品でも気分はオーダーで仕立ててもらっている気分。

  • 料金は、裏地の有無、発生する作業などによって異なるため、あくまで私の場合ですが、ご参考に。
  • 納期は基本的に2~3週間ほどですが、10月~12月は繁忙期で1カ月以上かかることも。余裕をもってお願いするのがお勧めです。

地域に根差す「リフォーム奥山」

お話を聞いている間も地域の方々が「ワイシャツの袖の幅がぶかぶかで」「ベルト通しを付けてほしい」とお店へ。洋服に困っている人にとって、同店は心強い味方です。

店内の様子

体験後記

特に大切な洋服、高価な洋服は、経験豊富な縫製職人である奥山さんにお願いしたいと、安心を求め神奈川県外から依頼に来る人も。革は難しいものもありますが、他店で断られた服も可能な限り対応し「やっぱり挑戦しないと。困った時はお互い様です」と笑顔でお話していました。

同店へはバス停「桜台ビレッジ前」の入口から矢印へ

住所

神奈川県横浜市青葉区桜台25-1 桜台ビレジショッピングコリドールR8

営業時間 10:00~20:00
定休日   火・水

問い合わせ

リフォーム奥山

電話

045-981-1871

045-981-1871

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-02-26

関連タグ