【眼科専門医に聞く】失明原因1位の緑内障とは?世界緑内障週間にも協力「おながファミリー眼科」<横浜市戸塚区・栄区>

シェアする

2021年3月7日~13日は「世界緑内障週間」という情報を聞きつけ、地域新聞記者が横浜市戸塚区下倉田町にある「おながファミリー眼科」翁長正樹院長に取材してきました。視野が狭まり、やがて失明にも至る緑内障。40歳以上の20人に1人がかかっているという身近な病気について詳しくレポートします。

「世界緑内障週間」とは?

緑内障の早期発見などを目的に2008年から国際的に行われている「世界緑内障週間」。毎年3月上旬の1週間にかけて各国で啓発イベントが実施されており、日本緑内障学会も当初から行っています。

15年からは一般の人にもなじみやすいよう、期間中に公共施設などを緑色のライトで照らす「ライトアップinグリーン運動」を実施。県内では江の島のシーキャンドルが参加しており、公式サイトの実施の様子をみると、鮮やかなライトが美しい!

クリニック単位でも参加できるようで、公式サイトの実施リストによると県内ではおながファミリー眼科さんが唯一登録されています。

クリニック入り口に設置された啓発物

40歳以上の20人に1人が緑内障?

緑内障とは「眼圧が高まり、視神経が障害されることで視野が狭まる病気」のこと。

40歳以上の20人に1人が発症しているという身近な病気で、推定人数はなんと500万人以上!

怖いのは自覚症状がないこと

初期の緑内障は自覚症状がほとんどないのが特性。多くの人が診断されることなく症状が進行してしまい、中途失明の原因1位にもなっています。

だからこそ世界的に緑内障の早期発見を呼びかけているんですね。

レーザー機器を2021年から本格導入

保険適用 片目5分でOK

緑内障は点眼が主な治療方法といいます。さらに同院では今年から保険適用の「選択的レーザー線維柱帯形成術」を導入。

「個人差はありますが1回のレーザーで2、3年効果が持続するため、毎日の点眼治療のような煩わしさがないのが特徴です。片目5分で終了する迅速さもあり、副作用もほどんどないため、患者さんの治療の選択の幅を広げることができます」と翁長院長。

院内風景(左が導入したレーザー機器)

アクセスはサミット下倉田店そば!

サミット下倉田店のそばにあるクリニックビルの2階にあります。駐車場も10台完備。バスの場合は下記表を。

眼科専門医の翁長院長

日本眼科学会認定眼科専門医でもある翁長院長。

「緑内障の早期発見のために40歳以上の方は一度診断を」と話します。

問い合わせ

おながファミリー眼科

電話

045-864-0088

045-864-0088

【診療時間】
9:00~12:30/15:00~18:30
休診日:水曜午後、土曜午後、日祝
※金曜15:00~18:00 小児(斜視弱視)外来も実施(視能訓練士在籍)
※月曜、土曜:眼鏡処方も行っています

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-04-26

関連タグ