「3/4はスカーフの日」 シルクの魅力伝えるイベント@シルクセンター1階

シェアする

このイベントは終了しました。

横浜スカーフ

開港以来、諸外国に輸出され横浜の繁栄を支えてきたシルク。そんなシルクや地元の特産品である「横浜スカーフ」の魅力を体験してもらおうと「かながわシルクフェア」が3月8日(月)から15日(月)まで、シルクセンター1階で開催される。

会場ではシルク製品などの販売のほか、おしゃれなスカーフの結び方教室、パーソナルカラー診断、ハンドプリント体験など盛り沢山だ。

入場無料。午前11時から午後5時まで。同イベント実行委員長で、横浜繊維振興会の会長を務める松村俊幸さんは「期間中は横浜スカーフ親善大使も来場します。感染対策をしっかり実施していますので、ぜひご来場ください」と呼びかける。

3月4日は「スカーフの日」

2018年に3月4日は「スカーフの日」と制定。古くからヨーロッパではカトリックのミサの際に女性が三角形や四角形のベールを頭から被るのが礼儀とされ、ベールを忘れないように首に巻いたのがスカーフの始まりといわれている。三角四角の形から3月4日になった。

開催日

2021年3月8日(月)~2021年3月15日(月)
午前11時から午後5時まで

住所

神奈川県横浜市中区山下町1番地

シルクセンター1階

費用

入場無料

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-02-28

関連タグ