横浜市・保土ケ谷公会堂で初のプロレス!地元育ちのTAJIRI選手も

シェアする

このイベントは終了しました。

大会をアピールするTAJIRI選手

 全日本プロレスが保土ケ谷公会堂で初めてとなるプロレス大会を3月8日(月)午後6時から行う。小・中・高と保土ケ谷で過ごしたTAJIRI選手らが出場する。

保土ケ谷公会堂が快諾

 全日本プロレスはジャイアント馬場さんが1972年に創設した団体。現在は青葉区に道場があり、団体は「横浜に密着し、公的な会場で大会を開きたい」と考え、市内の複数の公共施設に打診。リングが設置できるスペースの問題などで難色を示す施設が多い中、保土ケ谷公会堂が快諾したという。1982年に開設された同所で、これまでプロレス興行が開かれたことはない。今回はステージと固定席の間にリングを設置。感染症対策として定員の半数の250席に限定する。

 1955年に創設され、日本最古と言われる「アジアタッグ」のベルトを争う選手権など5試合を予定。TAJIRI選手の”凱旋試合”は6人タッグマッチとなる。

TAJIRI選手

 TAJIRI選手は小学校入学前に出身地の熊本から保土ケ谷に移り住み、境木小、境木中、保土ケ谷高校で学んだ。

 初の公会堂での大会に「観やすく、リングの音の反響もいいはず」という。隣接する図書館は勉強していた思い出の地。「子どもの頃は境木地蔵や天王町商店街など、友達と自転車で保土ケ谷の中を巡っていた」といい、愛着がある。

 今大会は若手選手が区内の商店街などを回り、ポスター掲示を依頼するなど、今までの同団体にない形のPRを行う。同所では4月28日(水)にも大会を開催予定。TAJIRI選手は「昔の同級生に会えるかも」と数十年ぶりの再会を期待する。

開催日

2021年3月8日(月)

住所

神奈川県横浜市保土ケ谷区星川1-2-1

費用

4,000円
前売り4000円から

問い合わせ

全日本プロレス

公開日:2021-03-05

関連タグ