中世鶴見の絵図を展示 特別展「武蔵国鶴見寺尾郷絵図の世界」 金沢文庫で

シェアする
画像はイメージです

神奈川県立金沢文庫=金沢区金沢町142=で3月26日から、特別展「武蔵国鶴見寺尾郷絵図の世界」が開かれる。

絵図は、中世の鶴見地域を描いたもの。期間中は関連する文化財が多数展示される。

会期は5月23日まで。午前9時〜午後4時30分まで。会期中の休館日は、毎週月曜日と4月30日、5月6日(祝祭日にあたる場合はその翌日)。

入場料は成人500円、19歳以下・学生400円、65歳以上200円、高校生100円、中学生以下と障害者は無料。詳細はホームページ「県立金沢文庫」で検索。問い合わせは【電話】045・701・9069。

開催日

2021年3月26日(金)~2021年5月23日(日)
午前9時〜午後4時30分まで。
会期中の休館日は、毎週月曜日と4月30日、5月6日(祝祭日にあたる場合はその翌日)。

住所

神奈川県横浜市金沢区金沢町142  神奈川県立金沢文庫

費用

入場料は成人500円、19歳以下・学生400円、65歳以上200円、高校生100円、中学生以下と障害者は無料。

問い合わせ

神奈川県立金沢文庫

電話

045-701-9069

045-701-9069

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-03-25

関連タグ