八王子市千人町の宗格院 桜、そして、手入れでさらに美しく咲く牡丹

シェアする
「一生懸命かわいがっていると牡丹も応えてくれる」と板倉さん

 八王子市内では桜が咲き誇り春本番を迎えた。千人町の宗格院(浦野信幸住職)には、桜の後に見頃となる牡丹の手入れに勤しむ地域の人がいる。長房町在住の板倉正弘さん(74)がその人。板倉さんは、10数年前、同院の浦野住職に牡丹の植栽を提案し、以来毎年牡丹を育てている。

 現在120株。1株ずつ品種名カードが添えられている。「色んな名前があるでしょ。島錦や鎌田錦、『錦』が付く品種は格が上。花がきれいで色の出方がほかの品種とは違うんです」と、説明する。肥料まきやひこばえ(若芽)取りなど、秋頃から定期的に訪れて手入れする。

 もともと自邸の庭にあった牡丹を咲かせようと、30代から趣味で始めた。頻繁に牡丹園を訪れ、職員に話を聞き研究してきた。「訪れる人が喜んでくれて、こんなに嬉しいことはない」と板倉さん。牡丹は4月中旬には見頃を迎えるそう。

開催日

牡丹は4月中旬には見頃を迎える

住所

東京都八王子市千人町2-14-18

宗格院

公開日:2021-03-30

関連タグ