日本郵船歴史博物館 エンジンの歴史振り返る 企画展「船と主機関-エンジンの変遷とこれから-」4月3日から

シェアする

このイベントは終了しました。

同展のチラシ

船の推進力を作り出すエンジンの歴史をたどる企画展「船と主機関-エンジンの変遷とこれから-」が4月3日(土)から7月4日(日)まで、日本郵船歴史博物館=中区海岸通3の9=で開催される。午前10時〜午後5時(最終入館は午後4時30分まで)。月曜休館。

ディーゼルエンジン模型も展示

同展では、主機関の変遷をたどりながら、時代とともに変化を続ける主機関と日本郵船のあゆみを紹介。 また、各社の協力を得て、ディーゼルエンジン模型も展示する。

船の心臓部とも呼ばれるエンジンが18世紀後半頃に登場し、風力を用いる帆船の時代は終わりを告げた。また当初は蒸気機関だったが、19世紀末に開発されたディーゼル機関が現在の主流となっている。

課題も

一方、重油を主な燃料とする船の運航は、大気汚染物質の排出が避けられず、大きな課題となっている。また世界規模で環境問題への意識が高まる中、同社では二酸化炭素排出量をゼロにする船の導入を目指している。

入館料は大人400円、65歳以上・中高生250円、小学生以下無料。問合せは同館【電話】045・211・1923。

開催日

2021年4月3日(土)~2021年7月4日(日)
午前10時〜午後5時(最終入館は午後4時30分まで)
月曜休館

住所

神奈川県横浜市中区海岸通3の9

費用

入館料は大人400円、65歳以上・中高生250円、小学生以下無料。

問い合わせ

日本郵船歴史博物館

電話

045-211-1923

045-211-1923

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-04-01

関連タグ