横浜市中区・シルク博物館所蔵品展 「描かれた養蚕」4月24日から 展示総数約50点 ギャラリートークも

シェアする

このイベントは終了しました。

シルク博物館=中区山下町1シルクセンター2階=は、4月24日(土)から6月6日(日)まで「描かれた養蚕 ―蚕織錦絵の世界―」と題した所蔵品展を開催する。時間は午前9時30分から午後5時(入館は4時30分)まで。入館料は一般500円、65歳以上/大学生300円、高校生/小中学生100円となる。

浮世絵など50点展示

養蚕・製糸・機織りを主題とした多色刷りの浮世絵「蚕織錦絵(さんしょくにしきえ)」。その誕生から様々な絵師がバラエティ豊かに描いた作品を紹介する。展示資料は「広重『かいこやしないの図』三枚続(弘化4年〜嘉永5年)」「国芳『蚕家織子の図』十枚揃(天保年間)」「英泉『蚕織図会』三枚続(文化12年〜天保13年)」など約50点の展示を予定する。5月1日(土)、5月23日(日)、6月6日(日)には、学芸員によるギャラリートークも。

問い合わせは、シルク博物館【電話】045・641・0841へ。

開催日

2021年4月24日(土)~2021年6月6日(日)
午前9時30分から午後5時(入館は4時30分)まで

5月1日(土)、5月23日(日)、6月6日(日)には、学芸員によるギャラリートークも。

住所

神奈川県横浜市中区山下町1シルクセンター2階

費用

入館料は一般500円、65歳以上/大学生300円、高校生/小中学生100円

問い合わせ

シルク博物館

電話

045-641-0841

045-641-0841

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-09

関連タグ