黄色の花を鈴なりに!ラン科の希少植物「キ ン ラン」が見ごろ@横浜市泉区・中田中央公園

シェアする
園内のキンラン(4月8日撮影)

環境省レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に登録されているキンラン

 中田中央公園(中田町2989)で今年もキンランが黄色の花を鈴なりに咲かせ始めた。

 キンランは環境省のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に登録されているラン科の希少植物。園内のキンランは野生の株で、雑木林の中に点在している。環境の保護を丁寧に行い徐々に増殖しており、2019年では150本、昨年は180本が開花したという。

対策の効果は

 より多くの花を咲かすため職員間で観察や調査を進めていくと、ランの種子を食べるハエの幼虫による食害により、結実していない株が多いことが発覚。今年の開花に向けて、昨年から根元に専用の殺虫剤を撒くなどの対策を講じてきた。

 所長の兼平徹さんによると花の見頃は4月中旬ごろ。「対策の効果が出て、昨年より増えていれば嬉しい。散歩がてら是非観察してみてください」と話した。

住所

神奈川県横浜市泉区中田町2989

中田中央公園

公開日:2021-04-16

関連タグ