全3回連続講座「三浦半島の歴史と文化」開催【4月24日・5月8日・5月22日】

シェアする
画像はイメージです

奉行所、三浦一族、大正風景

市民グループ「三浦半島の文化を考える会」では、地域の歴史と文化をテーマにした全3回の連続講座を開く。日程と内容は以下の通り。

■4月24日(土)/浦賀奉行者所の船改めはどのように行われたか/講師 齋藤純氏(元専修大学講師)

■5月8日(土)/和田義盛の真実〜その仕事をみる〜/講師 伊藤一美氏(三浦一族研究会会長)

■5月22日(土)/絵葉書から探る関東大震災前と後の三浦半島/講師 久保木実氏(三浦半島の文化を考える会幹事)

 会場は日の出町のヴェルクよこすか6階ホール、午後1時30分から3時30分。1講座500円(1講座から参加可)。定員60人で先着順。

 希望者は往復はがきに【1】希望講座名【2】郵便番号【3】住所【4】氏名【5】電話番号を記して、〒238-0035 横須賀市池上2の1の5 久保木実方

開催日

2021年4月24日(土)

2021年5月8日(土)

2021年5月22日(土)

住所

神奈川県横須賀市ヴェルクよこすか

費用

1講座500円(1講座から参加可)

問い合わせ

久保木実さん

公開日:2021-04-18

関連タグ