【もはやアート】八王子で行われた着物業界の異端児・誉田屋源兵衛「異端の帯匠展」に行ってみた

シェアする

このイベントは終了しました。

入口では「山口源兵衛さんがお出迎え」のように見える演出も

あの着物業界の異端児「誉田屋源兵衛」の展示会が八王子にやってきました(2021年3月12日~14日)!婦人画報でも紹介された幻の作品も含む展示会。当日の様子をお伝えします。

誉田屋源兵衛とは

創業280年以上の京都・室町の老舗。現在、10代目となる山口源兵衛さんが、代々受け継がれてきた技術とともに、革新の精神を持って着物業界に次々と作品を発表。

アパレルのユナイテッドアローズとコラボして着物ショーをしたりと多方面で活躍しています。

革、漆、ダイヤモンド、クジャクの羽根など、従来は使われてこなかったような素材も使って独特の世界観を作り出しています。

この展示会では、普段はなかなか目にする機会も少ない作品も展示されました。八王子では初めての限定公開だったそうです。主催は八王子で創業190年を超える老舗「きものにしわ」です。開催場所は「まちなか休憩所 八王子宿」(八王子市中町12-11-1 )でした。

それでは、作品のご紹介です。

開催日

2021年3月12日(金)~2021年3月14日(日)

住所

東京都八王子市八幡町3-1

問い合わせ

きものにしわ

電話

042-625-0019

042-625-0019

公開日:2021-03-15

関連タグ