珍草?川崎市宮前区の吉田さん宅で山野草「マムシグサ」と「ウラシマソウ」が開花!

シェアする
マムシグサ(左)とウラシマソウ

 吉田芳子さん宅(馬絹3の11の20)で山野草の「マムシグサ」と「ウラシマソウ」が開花した。吉田さんによると、山野草のため区内で見かけるのは珍しいという。

 花の形がマムシの頭に見えることから名付けられたマムシグサと、花から伸びる紐状の部分が、浦島太郎の釣り糸に見えることから名付けられたウラシマソウ。5年ほど前に秋田県内で入手したこの2種を植え、2021年初めて開花した。芳子さんは「珍しく咲いてとてもうれしい。見に来てください」と話す。吉田さんは他にも30種以上の花を栽培している。

住所

神奈川県川崎市宮前区馬絹3-11-20

公開日:2021-04-24

関連タグ