企画展 横浜中華街160年の軌跡を紹介@横浜ユーラシア文化館<7月4日まで>

シェアする
中華街大通り入口の善隣門に掲げられた全国からの応援への感謝を示す横断幕(2021年3月20日)

横浜中華街、160年の道のりを紹介する企画展が、横浜ユーラシア文化館で7月4日まで開催されている。

同企画展では、幕末の誕生から震災と戦災を乗り越え、戦後に飛躍を遂げた横浜中華街の軌跡と、暮らしを支える職業、そして2021年の現在、コロナ禍と闘う中華街の姿を紹介する。開館時間は午前9時30分から午後5時(発券は午後4時30分まで)。休館日は、毎週月曜。観覧料は、一般300円、小・中学生150円、横浜市内在住65歳以上150円。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、展示会期等を変更する場合有り。最新の情報は、同館ホームページ(http://www.eurasia.city.yokohama.jp/)または、【電話】045・663・2424で確認。

開催日

2021年4月10日(土)~2021年7月4日(日)
午前9時30分から午後5時(発券は午後4時30分まで)
休館日は、毎週月曜

住所

神奈川県横浜市中区日本大通12  横浜ユーラシア文化館

費用

一般300円、小・中学生150円、横浜市内在住65歳以上150円

問い合わせ

横浜ユーラシア文化館

電話

045-663-2424

045-663-2424

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-09

関連タグ