企画展「鎌倉大仏〜みほとけの歴史と幻の大仏殿」バーチャルリアリティーで再現@鎌倉歴史文化交流館

シェアする
大仏殿CG(制作:湘南工科大学長澤・井上研究室)

 鎌倉歴史文化交流館(扇ガ谷1の5の1)で現在、企画展「鎌倉大仏〜みほとけの歴史と幻の大仏殿」が開催されている(7月17日まで)。

鎌倉大仏の最新研究紹介

 鎌倉のシンボルとして多くの人に親しまれている「鎌倉大仏」。しかし、「歴史には多くの謎が残る」と同館。創建当時の様子を伝える資料が少なく、木造から銅造大仏に替わった経緯や造像された背景など明らかになっていない。

 近年、研究が進み、大仏造営の勧進を行った僧や大仏鋳物師に関する資料が発見され、また2000年から行われた高徳院境内・周辺の発掘調査により、大仏殿の存在などが明らかになった。

 同展では、研究結果を整理し、出土品や当時の中国から鎌倉に持ち込まれた陶磁器などから、歴史を解き明かし、宋代文化の影響を紹介する。

VRで大仏殿を再現

 室町時代の大風や大地震によって損壊したと言われる大仏殿を、バーチャルリアリティーの技術を使って再現。「幻の大仏殿を体験できる貴重な機会をお楽しみください」と同館。

観覧料は一般300円、小中学生は100円。午前10から午後4時まで。日曜・祝日休館。問合せは同館【電話】0467・73・8501。

開催日

2021年4月24日(土)~2021年7月17日(土)
午前10から午後4時まで。日曜・祝日休館。

住所

神奈川県鎌倉市鎌倉歴史文化交流館(扇ガ谷1の5の1)

費用

観覧料は一般300円、小中学生は100円。

問い合わせ

鎌倉歴史文化交流館

電話

0467-73-8501

0467-73-8501

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-10

関連タグ